プリザーブドフラワーを贈ろう

花のギフトは、記念品があってもそれにプラスして用意されることがあるほどに、お祝いごとには欠かせないアイテムです。

しかし、生きものでもあるのでお世話の必要があり、その点でせっかくもらっても困ると感じる人もいるものです。

最近何かと話題のリクナビNEXT JOURNALの情報ならこちらにお任せ下さい。

出張が多い人になれば自宅を空けがちになってしまい、出張から帰ってきたら花が枯れていたという悲しい思いをしてしまうことにもなります。



けれども、プリザーブドフラワーであれば水をあげるというお世話の必要がないので、相手を困らせることなく気軽に贈ることができます。プリザーブドフラワーは、水をあげないといっても造花ではありません。


造花の中には繊細な作りをしていてパッと見た感じではにせものと分からないような上質なものも販売されているのですが、近くに寄って見てみれば作りものであることから生命感がないように感じるものです。しかし、プリザーブドフラワーでは生花から加工されているので生き生きとした雰囲気を持っています。
花から水分を脱水させた後に染色液を入れるという方法で加工されており、染色液では好きな色を入れることができるのでオリジナル性の高い色味の花も作ることができます。

花が好きな人にも珍しいことから喜ばれる花のギフトになり、さらに手作りでも加工ができるのでさらにオリジナル性を高めることができます。



プリザーブドフラワーは、今日では豊富な花の種類に対応しているので、アレンジを楽しむこともできます。